先輩紹介 〜研究室紹介〜

池田 明   : 光源スイッチング方式ホログラフィックディスプレイへの振幅変調の導入
西井 渉   : 体積型CGH描画用波面プリンタの開発
藤田 大知 : デジタイズドホログラフィにおける仮想光学系を用いた物体光のデジタル拡大/縮小編集
村田 峻平 : コンピュータホログラフィのための物体光波合成/編集ツールの開発
岩田 直大 : 空間光変調器を用いた体積型計算機合成ホログラム描画用プリンタの基礎研究
宮岡 貴史 : 超高解像度計算機合成ホログラムのフルカラー再生


研究内容

動画再生したCGH


とある一日のスケジュール

 12:00  登校
 メールチェック
 昼食(料理)
 13:00  実験
  ・光学系を組む
  ・プログラムの動作確認
  ・ホログラムの再生
 17:00  実験結果をまとめる
 18:30  雑談
 19:00  帰宅
私は計算機合成ホログラム(CGH)をディスプレイで綺麗に再生する研究を行っています. CGHは架空の物体の立体像を作り出す技術で,見え方に個人差がある既存の3DTVや3D映画とは違って誰でも違和感がなく立体像を見ることができます.私の研究の特徴は,ディスプレイを使用している為,再生するCGHを容易に変更できることです.そのためホログラムを動画再生することができます.しかし,ディスプレイで再生されるCGHの見える範囲が非常に狭いため,観察することが難しいという問題があります.私の研究はその問題を解決することです.現在は綺麗な像を再生するために,表示の際に生じるノイズ等を除去する方法を考え,シミュレーションや実験を行っています.
研究室について
コアタイムに出席する.週に1回行われる研究発表会(発表するペースは月に約1回)で成果を出す.この2つを守れば,あとは自由に過ごせる場所だと思います.その自由の一つとして,私は研究室で料理をしてます.研究室にはガスコンロ,冷蔵庫,電子レンジやオーブントースターがあり,自分でそろえた食器や料理器具を使って料理(パスタやフレンチトースト等)を作ってから研究に取り組んでいます.また,一人一台PCが与えられる点,靴を脱いでくつろげる点,学生同士が研究や日常会話など話をできる点,実験室が別にあり,実験室や研究室の部屋が広い点など,研究を行うにはよい環境だと思います.
メッセージ
私は第5希望でこの研究室に入りましたが,自分の足りないプログラミングやプレゼンのスキル,何かを追い求める姿勢を身につけることができるので入って良かったと思っています.就職活動に関しても就職活動をしながら研究をできる環境なので,研究も就活も一所懸命取り組みたいと思っている人には最適の研究室だと思います.
ページの先頭に戻る


研究内容

開発したプリンタで描画したホログラム
※画像をクリックすると拡大表示します

とある一日のスケジュール

 12:00  登校
 メールチェック
 昼食
 13:00  実験
  ・光学系を組む
  ・描画する物体を確認
  ・物体を描画する
 16:30  実験結果をまとめる
 今後の予定を考える
 19:30  帰宅
私は計算機合成ホログラム(CGH)を作製するためのプリンタを開発しています.現在研究室で作られているCGHは,単色の光を当てないと物体が綺麗に再生できません.これは,私たちの生活に使われている電球や蛍光灯といった色(波長)が複数含まれている光(以下,白色光)では再生できないということになり,将来的な実用化に対して解決しなければならない問題であると考えられます.そこで私は,白色光を当てても像が綺麗に再生できるCGHを作製するプリンタを開発しています.現在は,物体をより鮮明に描画するために,描画する物体を発生している空間光変調器(SLM)の特性を調べています.
研究室について
初めて研究室を訪れた時は,入口の吹き抜けの部屋を見て「どこで研究するんだろう」って思いました(笑). ちなみにその部屋にある階段を上った先に部屋があって,そこで研究を行います.部屋は割かし広くて研究しやすい環境だと思います.さらに私はSLM班なので一階の実験室で実験することもあります.実験は大変ですが,シミュレーションとは違い,実際の結果を目で見ることができるのでやりがいを感じています.光情報システム研究室は基本的に与えられた研究テーマに関して自主的に研究を行います. やるべきことは先生から言われますが,具体的な期限は設けないので自主的に計画を立てる力が身に付く研究室だと私は思います.もちろん分からないことがあれば先生が相談に乗ってくれます.
今後の目標
現在,波面プリンタで描画できるCGHは,ノイズの影響で綺麗に再生することができません.私はこの問題を解決して,研究室内で波面プリンタが実用化できるレベルまで持っていくことを目標にしています.
ページの先頭に戻る


研究内容

撮影した実在物体に拡大/縮小処理を
施して作製したCGH "Hamsters"
※画像をクリックすると拡大表示します

とある一日のスケジュール

 12:00  登校
 メールチェック
 プログラムを組む
 13:30  昼食
 プログラムを組む
 プログラムの実装
 16:00  論文を読む
  or
 趣味
 (プログラムは実装中・・・)
 19:30  実装結果の確認&考察
 20:00  帰宅
実在物体をCGHとして再生するデジタイズドホログラフィと呼ばれる研究をしています.デジタイズドホログラフィとはデジタルホログラフィ(以下,DH)を用いて実在物体の振幅と位相を記録し、CGHとして再生する技術です. しかし,従来のデジタイズドホログラフィでは実行可能な編集操作が不十分でした. 例えば,通常のデジタル画像では画像サイズを変えることは簡単ですが,DHで得られた実在物体は位相情報を含んでいるため,デジタル画像のように簡単に拡大/縮小することができません.そこで,私は計算機上で仮想レンズを作成し,レンズ結像公式を用いることで拡大/縮小を行いました.現在は,デジタル画像のようにより多くの編集操作(鏡像反転法,座標変換等)を可能とするための新たな研究を行っております.
研究室について
部屋の広さはまあまあといった感じです.椅子やマウスなど教授に頼めばある程度そろえることも可能なので特に設備で困ったことはありません.コアタイムは一応ありますが厳しくなく,結構ゆるめな感じです.しかし、研究はしっかりやらなければ後で痛い目を見るので注意が必要です.私はほぼ毎日研究室にいます.理由は,家のパソコンよりハイスペックなパソコンを自由に使えるため,研究だけでなく趣味も研究室にいれば出来るからです.後,先輩は皆優しいので安心して下さい(笑)
今後の目標
私はデジタイズドホログラフィを用いていろんな編集操作を用いた実在物体をCGHとして再生することを目標としています.そのためにはデジタイズドホログラフィにおける問題点を一つずつ解決し,より多くの方にCGHを身近に感じていただければと思います.
ページの先頭に戻る


研究内容

開発中のツールのメイン画面
※画像をクリックすると拡大表示します


とある一日のスケジュール

 12:00  登校
 メールチェック
 昼食
 13:00  プログラムを組む
 プログラムを実装
 15:00  休息
 16:00  プログラムを組む
 プログラムを実装
 19:00  帰宅
計算機合成ホログラムと呼ばれる,仮想物体が放つ光波を数値的に計算することで,あたかもそこに本物の物体が存在するかのような立体像を創りだす技術は,人間にとって全く違和感のない真の三次元像を再生することが出来ます. しかし現状での計算機合成ホログラムの制作には,専門的な光学知識とプログラミング技術が不可欠で,仮想物体の造形やデザインスキルのあるアーティストやデザイナーにとっては技術的ハードルが高いものがあります. そこで光学知識やプログラミング技術を要せずともGUIで計算機合成ホログラムの物体光波を計算することが可能な物体光波シンセサイザーというソフトウェアを開発しています.
研究室について
とにかくコアタイムが12時からと遅いのが特徴.遠くから大学へ通っている方でもそれなりにゆとりがあります.私はプログラム専門ですが,プログラムと実験の両方を行う人も当然います.しかしプログラムを全く触らず実験のみという人はいないので,多少はパソコンと向き合うことになります.ホログラムという結果が目で見てハッキリとわかる研究分野なので,そういった意味ではモチベーションがしっかりしている研究室だと思います.マルチモニタでのプログラミングはなかなか捗ります.
メッセージ
輪講で基礎の知識を学びますので,光学に関する知識やプログラミングに自信が無くても,十分にやっていける研究室だと思います.光学以外にも,立体映像という3DCGに関係した研究を行えるのも関大ではこの研究室くらいだと思います.ぜひ検討してみてください.
ページの先頭に戻る


研究内容

装置を用いて発生させた三次元物体


とある一日のスケジュール
(講義がある日)

 10:30  登校
 メールチェック
 10:40  光学講義(輪講)
 12:10  昼食
 13:30  課題をやる
 17:00  帰宅
私は,大学院生の先輩と共に計算機合成ホログラムを作製するためのプリンタを開発しています.私の研究の目標は開発しているプリンタで物体を鮮明に描画することです.そのために物体を発生している装置の特性を調べる必要があり,装置の計測を行ったりしています.私の場合は,基本的には先輩との共同作業で二人で一緒に実験室で研究を行っています.私の研究は,完成したホログラムをすぐ観察できたりするので面白いと思っています.
研究室について
私の場合は,4回生の前期は就職活動の最中でしたが,前期の間は出席を求められるのは週2日の輪講と研究会だけなので,時間の都合がつきやすくて就職活動がやりやすい環境だと思いました.また出席を求められる時間帯に就職活動があっても,先生に連絡さえすれば就職活動を優先することもできます.そのおかげもあって,無事に就職先が決まってよかったと思っています.後期から研究テーマに沿ってそれぞれが本格的に研究を行います.研究は自分のペースで進められるので,時間の都合がつきやすいですが,反面,ペース配分を間違たり,サボりすぎると後で大変なことになります(笑).
メッセージ
光情報システム研究室は,コアタイムや研究テーマなどの面で就職活動生の都合を配慮してくれる研究室だと思います.また,やりたい研究テーマがあれば先生が相談に乗ってくれたりします.光情報システム研究室への所属を考えてみてください.
ページの先頭に戻る


研究内容

CGHのフルカラー再生シミュレーション
※画像をクリックすると拡大表示します


とある一日のスケジュール
(研究発表会がある日)

 12:00  登校
 メールチェック
 昼食
 13:00  課題(発表なし)
   または
 発表準備(発表あり)
 16:30  研究発表会
 19:30  帰宅
私は,計算機合成ホログラム(CGH)のフルカラー再生について研究しています.現在CGHは再生像が単色となってしまい,フルカラーでは再生像が綺麗に得られません.しかし,将来的に大規模CGHをサイネージ等へ応用することを考えると,CGHのフルカラー再生は必ず必要になってきます.その問題を解決するために,私は白色光とカラーフィルターを使ってCGHのフルカラー再生を行っています.私はCGH班ですが,実際に作製したホログラムをフルカラー再生するために,実験場を使って実験をしています.
研究室について
光情報システム研究室は,コアタイムが12時〜17時と遅めなので,朝が弱いという人でも大丈夫だと思います.しかし,自主的に余裕を持った計画を立てていかないと後々大変なことが待っています(笑).4回生では,前期は基本的に光学について勉強する輪講形式の講義が週に1〜2回と,研究発表会が週に1回あります.研究発表会では先輩の研究状況を聞き,また,学部生は過去の先輩方の論文を読んで発表する日が月に1回くらいのペースであります.他の日は,それに向けての準備や課題をこなします.そして夏休みに入る前に研究テーマが決まり,後期になると本格的に自分の研究をやっていきます.
メッセージ
ホログラフィについて研究したい方,また立体像に興味のある方は,一度,光情報システム研究室までお越しください.歓迎します!
ページの先頭に戻る